ぜん息外来.jp

  • twitter
  • facebook
  • line
AstraZeneca

はたらく細胞 ぜん息特別編

Cells at Work!: Asthma!

漫画:クロ 監修:清水 茜(『はたらく細胞』)

はたらく細胞とは?

人間1人あたりの細胞の数、およそ37兆個!
そこには細胞の数だけ仕事(ドラマ)がある!
ウイルスや細菌が体内に侵入した時、アレルギー反応が起こった時、ケガをした時などなど、白血球と赤血球を中心とした体内細胞の人知れぬ活躍を描いた「体内細胞擬人化漫画」です。
この漫画は、ぜん息増悪のメカニズムを中心に細胞の働きとぜん息治療について紹介するものです。

医療監修:埼玉医科大学 呼吸器内科 教授/埼玉医科大学病院 アレルギーセンター センター長 永田 真 先生

第1話 
気道は大荒れ!

荒れる気道に戸惑う白血球。
実はこの体、ぜん息だった…!

マンガを読む
第2話 
活性化する好酸球

あることをきっかけに活性化する好酸球。
気道の炎症はどんどん酷くなる。

マンガを読む
第3話 
消炎活動

緊急事態の体内に入ってきたのは
全身性ステロイド薬。
消炎活動を行うが…!?

マンガを読む

©清水 茜・クロ/講談社

まずは、ぜん息の状態を
よく知ることがとても大切です。