知ろう、あなたのぜん息コンディション

知ろう、あなたのぜん息コンディション

知ろう、あなたのぜん息コンディションは、ぜん息症状や日常生活での経験について、いくつかの質問に答えていただくことで、ぜん息のコントロール状況や日常生活・心理的影響について回答結果を出力できます。医師との話し合いの時にご利用いただけます。

LUNG PRINT ※回答が進むにつれて、ランダムな線で
肺の絵ができあがっていきます。 

知ろう、あなたのぜん息コンディションの回答結果を、
主治医に相談するきっかけにしてください。

※知ろう、あなたのぜん息コンディションであなたのぜん息のコントロール状態が確認できます。ご自身では判断せずに、主治医や専門 医のもとで正しい診断を受けてください。医療機関を受診される際の参考情報としてお役立てください。

※回答が進むにつれて、ランダムな線で
肺の絵ができあがっていきます。 
1/10

医師からぜん息と診断されていますか?

2/10

あなたは自分がぜん息かもしれないと思っていますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
3/10

あなたの主治医は、あなたのぜん息の重症度について、どのように説明していますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
4/10

あなた自身は、自分のぜん息の重症度をどのように感じていますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
5/10

最近(過去2~4週間)、発作治療薬を何回使用しましたか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
6/10

最近1年間に、ぜん息で経口ステロイド薬を処方されたことはありますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
7/10

最近1年間に、ぜん息発作のための予定外受診や、救急外来を受診したことがありますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
8/10

最近1ヵ月間に、夜間にぜん息症状(咳や呼吸困難、息切れなど)で目が覚めたことが何回ありますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
9/10

これまでにぜん息のために孤独感を感じたことはありますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
10/10

最近2~4週間の間で、ぜん息症状で日常生活(仕事、家事など)に影響を感じたことはありますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
11/10

現在あなたは、フルタイム(週35時間以上)またはパートタイム(週20~35時間)でお仕事または学校に行っていますか?

ひとつ戻る
ひとつ戻る
12/10

最近1週間に、ぜん息のために仕事や学校を休みましたか?
どの程度休んだか教えてください。

ひとつ戻る
ひとつ戻る

※知ろう、あなたのぜん息コンディションであなたのぜん息のコントロール状態が確認できます。ご自身では判断せずに、主治医や専門医のもとで正しい診断を受けてください。医療機関を受診される際の参考情報としてお役立てください。

  • 知ろう、あなたのぜん息コンディションの回答結果

    知ろう、あなたのぜん息コンディションの回答結果を主治医や専門医に見せて相談することで、あなたのぜん息を改善する治療について、医師と話し合う機会を作るのに役立つ場合があります。

    あなたの回答

    • ◎ぜん息の重症度に関して
      Q1. 医師からぜん息と診断されていますか?
      A1. はい
    • ◎ぜん息のコントロール状態
    • ◎情緒面への影響
    • ◎日常生活への影響

主治医や専門医に相談しましょう

回答結果を保存する

回答結果を保存しました。

知ろう、あなたのぜん息コンディションの回答結果を保存できるのはこのページだけです。

※知ろう、あなたのぜん息コンディションであなたのぜん息のコントロール状態が確認できます。ご自身では判断せずに、主治医や専門医のもとで正しい診断を受けてください。医療機関を受診される際の参考情報としてお役立てください。

知ろう、あなたのぜん息コンディションの回答結果

主治医や専門医に相談しましょう

知ろう、あなたのぜん息コンディションの回答結果を主治医や専門医に見せて相談することで、あなたのぜん息を改善する治療について、医師と話し合う機会を作るのに役立つ場合があります。

※知ろう、あなたのぜん息コンディションであなたのぜん息のコントロール状態が確認できます。ご自身では判断せずに、主治医や専門医のもとで正しい診断を受けてください。医療機関を受診される際の参考情報としてお役立てください。

知ろう、あなたのぜん息コンディションの質問に回答していただき、ありがとうございます。
あなたはご自分がぜん息ではないと思われているようです。
もし健康状態に不安を感じている場合は、医師に一度ご相談ください。

LUNG PRINT

※知ろう、あなたのぜん息コンディションであなたのぜん息のコントロール状態が確認できます。ご自身では判断せずに、主治医や専門医のもとで正しい診断を受けてください。医療機関を受診される際の参考情報としてお役立てください。

TOP